読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代を本気で生きてみる

40歳で自分の生きる道を発見。今までのすべてを辞めて、未経験事業に飛び込みました。

Padel Asia、サプリメント事業を開始します

みなさん、お久しぶりです。
すっかりブログの更新がおろそかになってしまい、失礼しました。

昨年11月にCampFireで挑戦した「パデル東京にコートを設立するプロジェクト」から気づけば半年が過ぎようとしています。

CampFireのスポーツジャンルで過去最高額の786万円を達成したことで、多くのメディアにも取り上げていただきパデルの魅力を知っていただく機会に恵まれました。 この半年はPR活動、パデル東京のオープンに向けた準備を進めてきました。

当初4月頃にオープンを見込んでいましたが施設をオープンする場所の選定や土地オーナーとの交渉など想定以上に時間がかかってしまい、、、

がっ、近々正式に良いご報告ができる予定ですのでもう少々お待ちください!

さて、今回はCampFireでのクラウドファンディングに二度目の挑戦をします。

何の挑戦かと申しますと、パデルではなく自社開発をしたサプリメントです。
それも、二日酔い防止サプリメントで、「酔心棒」というネーミングです!

この時点で、すでに色々なツッコミをうけそうですが・・、なぜPadel Asiaが二日酔い防止サプリメントを開発したのか、1つずつ説明しますね。
まず、「パデル東京もオープンしてないのにサプリメント事業なんかやってて大丈夫?」

そんな考えを抱く方もいらっしゃることと思います。

なぜ今回このタイミングでサプリメント事業を行うに至ったかを少し綴らせていただきたいと思います。

それは、、

Padel Asiaに売上がないから(笑)

それも理由の一つですけど、きっかけは「飲んだ次の日の体調変化」です。

<<<40代になって起こった飲んだ次の日の体調変化>>>

ITの社長をしていた時代とは異なるスポーツビジネス界に転身し、半年はインプットの時期と位置づけ、一人でも多くの方と直接お会いし生の情報に触れることを意識して活動してきました。

そうすると必然的に増えるんですね。

飲みが。

割りとお酒は強い方で30代なかばまでは2軒、3軒行っても翌日朝には復活し何事もなかったかのように朝からアクセル全開で仕事してました。

それが35歳を過ぎたあたりから、二日酔いになることが急激に増えたんです。

朝がしんどいんです・・・。

市販されているサプリを飲んだり、お酒の量をコントロールしたりということは当たり前のようにしてきました。 でも、やっぱり二日酔いは残るんですよね。

そんな二日酔いに悩んでいた昨年の10月頃スポーツサプリメントの凌駕 を製造販売をしているサンプラスの高野社長と出会いました。

f:id:padelman:20160426073508p:plain

この凌駕とはテニスプレーヤーやトライアスロンなどアスリートが好んで愛用するサプリメントで私のテニスやトライアスロン仲間にも人気のある商品です。

某大学のテニス部監督はこんな衝撃的なことを言ってました。
「毎年、夏合宿では何人もの選手が脚を攣って練習に支障が出るんだけど、凌駕を導入した年は一人も脚を攣るという選手が出なかったんだよね」

衝撃的ですよ。

こんな素晴らしいサプリメントがあるならこれを何か他に転用できないか?

パデル用のサプリメントって可能性は?

パデルってテニスと違ってアサード(南米風BBQ)を食べながら、お酒を飲みながらプレーするよな?

「高野さん、二日酔いに悩んでいる私のような人を助けるサプリメントを開発できないですか?」

そんな話をしたのが昨年10月。
実は半年も前からこの酔心棒プロジェクトは密かに進行していました。

正直、パデル東京オープン前にサプリメント事業をリリースするということがパデルを応援してくれてる人を裏切ることになるんじゃないか。 そんな後ろめたい気持ちも正直ありました。

私の40代はブログのタイトルにも使っている通り「40代を本気で生きてみる」です。

このサプリメント事業も本気で取り組むべき事業か否かが重要なポイントでした。

・飲んでも、朝から全開で仕事ができる!
・パデルをしに来てくれた方々が、翌朝を気にせずに好きなお酒を飲める!
だったら本気で原料にこだわって、普通のメーカーにはつくれない二日酔いサプリメント開発に挑戦しよう!

そんな想いで今回の酔心棒を開発しました。

そして私が実験台になり、仕事柄飲みの多い経営者の方々にもサンプルを飲んで意見をいただき、改良を重ねてやっと自信をもって販売できる商品が出来上がりました。

パデル事業がおろそかになっては元も子もありませんが、今回のサプリ事業はそれぞれ強みの異なる3社の合同事業として役割分担をしながら進めているので業務負荷自体は分散ができているし、何より相乗効果が期待できます。

もうひとつクラウドファンディングで先行販売をする理由があるんです。

2月24日にCampFireから衝撃的なリリースがでました。

「クラウドファンディングのCAMPFIREが手数料を20%から5%に大幅引き下げ」

f:id:padelman:20160426075910p:plain

じぇじぇじぇー!!! 私が挑戦した時は手数料20%でした。

20%だと手数料が150万円です。 5%だと40万円です、、、

その差、110万円!

なんか悔しい、、、(笑)

そんな想いもあり?!CampFireでのリベンジをすることにしました。

ぜひこの先行販売の機会に酔心棒をお試しいただけると嬉しいです。