読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40代を本気で生きてみる

40歳で自分の生きる道を発見。今までのすべてを辞めて、未経験事業に飛び込みました。

「PadelAsia東京コート設立プロジェクト」進捗のご報告

年が明けたと思ったら、もう1年の1/12が過ぎました。

一日、一時間、一分を大切に。を常に意識していかないとです。

さて、今日は最近の近況をご報告させていただきます。

最近お会いする方から、

「いつ頃都内にコートできそうですか?」


と聞かることが増えてきました。

一日も早く都内に施設をオープンさせたいのですが、まだ正式に物件は決定していません。

がっ、近いうちに正式なお知らせができると思います。

というのも、

昨年からラブコールを送っている豊洲エリアの土地オーナー企業の方々が、1月28日(木)に『やっと』パデルの視察と体験にきてくださいました。

昨年の11月末からですから、2ヶ月近くかかりました・・・。^^;

視察日は平日でしたが10名の仲間(伊豆高原から2名の方が)が集まってくれて、パデルの魅力を存分に伝えることができました。

超・絶・好・感・触

f:id:padelman:20160202122439j:plain
雪積もる所沢パデルコートでの豚汁


f:id:padelman:20160202122455j:plain
火起こしを手伝ってくれるイケメンなコテコテ関西人


f:id:padelman:20160202122554j:plain
レッスンからゲームまでフルコースで体験いただきました


『建設予定の場所をピックアップするので、その場所での施設レイアウトを組んでみましょう。』

という具体的な話しまで進めることができました。

『一日も早くオープンしたい。』

昨年の10月に会社を設立した時には1月中に物件契約を終わらせ、2月には施工を開始しているはずだったので少し焦りますね^^;

ただ、着実に前進しています。

もちろん、豊洲でスタートできない場合のリスクもあるので他の場所での施設探しも継続してます。

なんと、このタイミングで新木場に優良物件の情報が!

インドア施設にリノベーションできる可能性がある倉庫物件で期待が持てます^_^ 今週、下見にいってくるので詳細はまた追って。

また、先週はパデル業界にとっても嬉しいニュースが。

渋谷から30分、上野から20分とからアクセス良好な川口に全国で6施設目となるパデル施設「クロス1川口パデルプラザ」がオープンしました。

f:id:padelman:20160202154333p:plain 全国のパデル施設一覧。川口で6か所目。

オープン、おめでとうございます!

オーナーにご招待をいただき1月31日(日)に仲間30名とオープンイベントに参加してきました。

アルミ会社さんがつくった自社製品のパデル施設。 鉄と違って軽くて、錆びない、ピッカピカの新しいタイプのコートでプレーさせていただきました。

屋根付きコートが1面、アウトコート2面の合計3面。 全国最大の施設です。

イベントの目玉として本場スペインで現役で活躍する女子プロ選手が来日しレッスンしてくれたり、試合をさせていただいたりと、夢のような時間でした。

f:id:padelman:20160202143756j:plain ベロニカ選手は元テニスのプロプレーヤーからパデルに転向したヨーロピアンビューティーな選手^_^

プロのスーパーショットに「歓声」がわき、 「笑顔」と「笑い声」が施設をつつみます。

f:id:padelman:20160202142928j:plain 現役プロとコーチによるレッスン

いちプレーヤーとしては新しい施設でパデルができて、プロとプレーができて夢のような時間でした。

「一日も早く施設をオープンさせてパデルでたくさんの笑顔をつくりたい!」

という気持ちが駄々漏れで少し複雑な気持ちになったのも事実ですけど^^;

2月は、、、

  • 「物件を決める」

  • 「インプットの量を増やす」

  • 「仲間とのつながりを深くする」

  • 「オープン時にアクセス全開踏める準備する」

を目標に取り組んでいきます!

また近況はご報告させていただきますね。